Anna’s Mind

すきなもの きらいなもの いろいろ

ママ友の息抜き。

今年は梅雨明けが早かったから夏が長い!

まだ7月半ば差し掛かりなのに溶けそうな毎日。

のんびりどこかで避暑を満喫したーい。


f:id:cakeshoney:20180711180514j:image f:id:cakeshoney:20180711180520j:image

  

 

 

ラブホde女子会…最近聞き慣れてきたけれど

コレってバブルの頃に

渋谷P&Aのパーティルームが“走り”な気がする。

 

2年前の記事にはなるけれど

http://kai-you.net/article/30002

↑この記事がすごくわかりやすい!

 

 

 

当時とお部屋もサービスも違うけれど

その頃を知っている人たちが子育てを終え、定年を迎え、再びラブホユーザーとなっているのも現実。

昔のようにギラギラした性欲からではなく

懐古的な憩いの場として居心地の良さを求めているのかもしれない。

 

さて、『女子会』の“女子”と呼べる年代はいくつまでなのかという論争は置いておいて

女性だけの集まりというのは年代関係なく話題が尽きないもの。

本音で語り合える間柄なら尚更のこと。

他人に中々話せない内容の話題も、結構突っ込んだ話で盛り上がる。

 

ラブホde女子会がじわじわと浸透し始めたのも

それまで居酒屋やレストラン、カラオケボックスの個室で繰り広げられてきたことを

日常から少し離れた空間で

ほんのちょっとハメを外しても誰にも咎められないという利点があるからじゃないかと思う。

 

目新しいことが好きな独身女性たちの女子会とはまた違う、

新しいママ友同士の語らいの場所。

 

ほんの数時間、

家事や子育てに追われる者同士が

ほんのりお色気の漂う空間に集まって

ほっとひと息つける場所。

 

ママ友同士、普段は子連れで子供優先の場所しか行かれないけれど

ラブホde女子会をうまく利用すれば

子供抜きで集まれる!

ランチや井戸端会議で過ごす場所を、ジャグジー付きのホテルに移すだけ!

 

誰かのお家で負担をかけることもなく

準備も後片付けも不要。

コレ重要!!

「手ぶら」で「上げ膳据え膳」

誰かのおうちだったら

子供抜き、旦那抜きが絶対覆される!

下手したらホームパーティ状態で

招かれざる客(姑舅)乱入なんて展開も無きにしも非ず。

 

目新しいこと、流行りごとは

いくつになっても魅力的だし

ママになったからって、

あれダメこれダメな毎日では息が詰まっちゃうよー。

 

どんな事でもそうだけれど

楽しめることは年齢問わず色々な形でどんどん進化していくもんだし

自分たちに無理のない範囲で出来ることは楽しみたい♪

 

 

固定観念に捉われず、どうすれば人生楽しく過ごせるのか

二の足踏む前に先ずは行動あるのみかも☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒と泪とキャビアとトリュフ。

先日お仕事の絡みでキャビアをたくさん目にした。

いつものことながら

ラブホ飯でこんな体験が!?というサプライズメニューを提供するWATER HOTEL S国立。

この夏に登場のメニューでは

なんとキャビアが1瓶まるごと!!

f:id:cakeshoney:20180701234033j:imagef:id:cakeshoney:20180701234622j:image

 

かつて瓶から直接スプーンで掬って

キャビアシャンパンやウォッカとか経験したバブル世代には懐かしいかも!?笑

 

さて、キャビアは冷製料理と思っていた私ですが

半熟うずらフライにちょこんと乗ったキャビアもなかなか♪

f:id:cakeshoney:20180701235116j:image

こちらは花見小路にあるお店でのひと時。

〆に出てきたのはなんと《トリュフそば》

f:id:cakeshoney:20180701235719j:image

f:id:cakeshoney:20180701235652j:image
f:id:cakeshoney:20180701235341j:image

黒トリュフとサマートリュフをふんだんにトッピングしてもらい

麺によく絡ませてから

バターとぼんじりの浮かんだスープにつけ麺にしていただきます♪

 

美味しい!芳醇な香りと風味にウルウル。

 

恋する気持ちってこんなワクワクとドキドキからよね。笑

 

自分のお財布では滅多に行かれないようなお店に

予約して連れて行ってくれた友人とその旦那様に感謝!!

 

あー、やっぱり私はいくつになっても色気より食い気!

 

 

 

 

 

 

やっぱり肉が好き。

f:id:cakeshoney:20180622020453j:imagef:id:cakeshoney:20180622020428j:image

 

にょきにょきと伸びて

鉢からぐいーんと突進してきたバジル。

 

たまには野菜だらけの食卓もいいかなと思ったけれど

やっぱりお肉もー!!

というわけで…

f:id:cakeshoney:20180622021002j:image

豚の冷しゃぶと合わせてイタリアン風♪

 

ダイエットは明日から本気出す!あは☆

 

 

 

 

 

不倫のススメ 。(過去ログから転載)

f:id:cakeshoney:20180622011846j:image

 

このテーマ書き始めてから少なくとも3~4年は経った頃のログ。

改めて書くけど、
これは決して不倫奨励ではないの。

不倫するなら自分自身がルールを作って、それを守って楽しめば?って感じ。


過去にも言ったように
二つ以上の愛を両方とも満足させることができて
初めて不倫してますって言わないと
愛乞食みたいで痛い。


____________________


さて、今回お話したいのは外泊。


まぁ不倫しているのが男性だろうが女性だろうが
はたまた双方だろうがいいんですけどね、

外泊するってことは配偶者はもちろんのこと
翌日会う人にも前日との服装をチェックされちゃうわけですよ。


まぁこの際他人がチェックするのなんて
やれシャツだのネクタイだの
メスだったらコーディネイト全般程度で済むけれど
配偶者にはそれだけではすまないはず。

嫉妬深い(観察眼の鋭い)サレ妻(サレ乙)だとしたら
下着の細かいところまでチェックしそう。


まぁ、あえて今回はプリンオス向けの外泊のススメになりそうですが
メスにもうまく当て嵌めることができるといいな。

 

☆下着は普段からユニクロを愛用しておこう!
ユニクロよりもイオンやヨーカドーの方があるって場合はそちらで)

なぜなら、今やユニクロ(等)は全国展開されているから
プリンちゃんのおうちに着替えを常備していたって
急なお泊まりで着替えたって
基本同じ商品を身につけていられるから
バレるリスクはかなり低くなる。

万が一バレても、急に会社に泊まりになったから
慌てて買いにいったって答えても不自然さはないでしょ?


応用としてYシャツとか靴下とかも
下手にブランド品に凝ってしまっているよりは
お安いし、言い訳できるし、かなりお財布に優しい必要経費で済むんじゃないかな?笑


メスの場合はなかなかユニクロ(等)で手を打つっていうのは
プライドが許さないかもしれないけれど
家バレして大騒動を起こすリスクを考えたら
まぁお好きにどうぞってとこかな。

 

あとねー、サレ妻(サレ夫)がこんな姑息な手段から
配偶者の不倫を見抜くには
ちょっと香りの残る洗濯洗剤をチョイスしておくことをオススメします。
それもひとつではなく複数ね。

 

毎日のお洗濯。

最近では不買運動だのなんだとお騒がせな洗剤さんたちですが
液体洗剤で衣類にふんわり香りの残るものが数多く出ています。

ダウニーとか有名になりすぎちゃって

「あ、この人ダウニーだ」とか直ぐわかっちゃうくらい。

 


わんちゃんのマーキングではありませんが

「我が家の香り」を配偶者の着用物に残してお家から出掛けさせておけば

戻ってきた時に違う香りになっていることほど

怪しい匂いぷんぷんって表現がぴったりになってくれますからね!笑


プリンちゃんが本宅の使っている洗剤をチョイスしているかもということを前提に
よーく注意も必要なんだけれど

配偶者が外泊から戻ってきた時に
前日に着ていったシャツと違っていたら・・・

まずは汚れチェックするふりして香りをチェック。

 


会社においてあったり、クリーニングやさんに出していたりするのと
自宅で洗ってもらっているものは絶対に香りが違う!

特に、クリーニングやさんは、よほどお願いしたりこだわり持っているところ以外
お客様のクリーニングは無臭仕上げ(糊の香りくらいかな)でお渡しするはず。

にもかかわらずダウニーやら他の香料付き柔軟剤とかの香りがしてきたら・・・

 

要注意!!!

 

プリンちゃんは、こーいうチェックをしているサレ妻(サレ夫)がいることも念頭において

挑発したいなら香りいっぱいでお返ししちゃえばいいし


バレたくないなら、無香料で仕上げるとか必須。

 

サレ妻は、毎回同じ香りで送り出していると
プリンちゃんが同じ洗剤使っていた場合気付きにくいので
時々変えてみちゃうとか

もうほのかな香りなんかよりも練り香水をこすりつけちゃうとか
あらゆる手段を楽しんでみてくださいな。


サレ妻の嗅覚って、きっと警察犬より鋭いと思うよ。笑

 

 


まぁ、外泊における攻防戦で
どっちがどうかは
案外もろいところからバレるもんです。

 


さーてアイロンがけしてこよっと。笑

 

《質問が来たので補足》

‘会社に泊まる’に反応があり、モデルとなる職業はなんでしょう?と尋ねられました。

 

テレビマンや代理店勤務?と聞かれましたが、普通のサラリーマンにも急な出張とかあるし

勤務医や士業の方なども突発的に職場に泊まり込みとかありますよね?

あ、警察関係の方も!

なので、特にモデルとなった職業はないんですよー☆

 

ちなみにこの内容は最近のものではなくて

過去ログ(多分2010年くらいのやつ)なので

今ではユニクロ以外にGU、しまむらなども全国にたくさん出来てますよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私とラブホ飯(めし)2。

どうしてラブホを利用するのか。

それはホントに人それぞれな理由だと思う。

日本人の平均年齢が45歳を超えている現在、

利用客の年齢もそれなりに高くなっているはずだから

ラブホマイスター達がきっと存在する!笑

その方々は、性的欲求だけが満たせればそれでOKというわけではないとか思われ…。にんまり。

食欲、性欲、睡眠欲

この三大欲求を満たすことを

現代のラブホテルにも求められてきているのだと思う。(と、私はずっといい続けてる)

 

 

 

露天ジャグジー付きのお部屋も多く存在する最近のラブホ。

似非セレブはここぞとばかりに海外セレブの真似事を楽しめる☆

ジャグジーに浸かりながらシャンパン飲んだり

サウナと水風呂の往復の合間に

こだわりのミネラルウォーターやスパークリングウォーターを楽しんだり。

 

まだラブホで見かけたことはないのだけれど

f:id:cakeshoney:20180606164457j:image

シャテルドン

是非とも似非セレブのために置いていただきたい!笑

 

 

さて、ここ12年程 個人的に推しているWATER HOTEL S国立。

もともと私はここのお客さんだった。

建物建設中から気になっていて

オープンしてすぐに訪問。

最上階のフォーシーズンズスイートルームを利用して

お部屋の広さ、造り、バスローブ、リネン類、アメニティーetc…

それまでラブホに対して抱いていたあらゆる先入観が覆された!

f:id:cakeshoney:20180606170017j:image

中でもルームサービスのクオリティの高さ!

焼きたてパンが出てくるとは想像もしていなかった、スイートルーム宿泊なら無料のサンクチュアリブレックファスト。

 

え!?コレホントにラブホごはん?

シティホテルのコンチネンタルブレックファストに勝るとも劣らないプレートに驚かされた。

 

この朝食は

私のラブホに対する意識を変え

ラブホ飯に興味を抱かせ

このホテルのサービスに関わるための

ラブホテルという異業種の扉を叩くキッカケとなった。

 

思えばものすごい行動力だったんだなー。

 

何だかんだ10年以上、ラブホ飯向上を追いかけてる。

 

まだまだ他のホテルも含め

紹介したいラブホのメニューはいっぱいあるので

この「ラブホ飯」シリーズを少しずつ更新していきたいなーと思う♪

 

ホントに侮るなかれな世界ですん。

 

 

 

 

梅雨入り。

不快指数の高くなる季節に突入。

 

紫陽花の花言葉は「移り気」

なんかコロコロ浮ついた愛情しかないように見えるけど

儚く淡い美しさで癒してくれる花。

 

f:id:cakeshoney:20180606161659j:image

※画像はネットで拾ったもの

 

 

しばらくは洗濯だの買い物だの

お天気に思いっきり左右されるなー。

MIRACLE CANDY POWER。

天気予報が当たって

バッグに忍ばせていた折りたたみ傘がいい仕事をしてくれた午後。

 

学生時代の友人と

同期が出演するシェイクスピアを観劇。

 

ランチタイムの蘭蘭酒家で

がっつりお腹を満たして

3時間近い舞台の幕開けを待つ。

 

そんないつもと同じ流れの中で

「いつもありがとうの気持ち」

と、友人が突然くれた小洒落た飴ちゃん。

f:id:cakeshoney:20180525073842j:image

中華ランチで活力漲る中

更にさりげない心遣いに元気100倍!

 

新しい発想のヒントとか

気分転換やストレス発散とか

「いつもありがとう」なのはこちらも同じ。

優しくてまっすぐで頑張り屋さんな友人に

ヘルニアの痛みも癒された気分!笑

 

劇場ではルネッサンスの世界にタイムワープ。

 

幻想的な照明に

シリアスなのにコミカルもあり。

コロスが導くシェイクスピアの世界観に

心身ともにチャージされました♪

 

可愛すぎて開けられなかったキャンディでしたが

意を決して(大袈裟)開封!

一粒ごとにパワーが溢れてくる気がする。笑

 

 

年齢を重ねると

どうしても疎遠になりがちな旧友。

でも多感な思春期に同じ空間を共有して

同じ目的や希望を抱いていた友人って

離れて時を経ていても

再会したら不思議なくらい心が通じ合える。

 

なんかうまく言えないけれど

とにかく「ありがとう」!!